«


キロクとキオク | トップページ |
りゅくす? »


英国的なもの

いぎりすはあまりにも遠し。
060905

|

«


キロクとキオク | トップページ |
りゅくす? »

コメント

ティータイムの茶器セットを見ると
イギリスの生活で
紅茶がどんなに大切な時間かが判るような気がします。
日本のお茶にも通じるものがありますか?
詳しくない私…。

投稿: やな | 2006/09/05 11:01

えげれすには縁がございません。
ピンと来ないけど
万博行った時、そういや~葉っぱだらけだったなぁ
ガーデニングの国?
葉っぱのしおり貰って帰って来ました。
確か、フレディみたいな葉っぱの形だったと。

投稿: ぷら | 2006/09/05 16:29

イギリスといえば、英国紳士を思い出します。
別に困ってはいなかったけど、「ヘルプ?ヘルプ?」と声をかけてくれました。
ちゃんと、ステッキ代わりの傘も持ってましたよ。

投稿: 茶菜子 | 2006/09/05 20:54

やなさま。
お茶の作法に関しては詳しくありませんが、
お茶の時間を楽しむゆとりはいいなあと。
イギリスのお茶はおいしかったです。

ぷらさま。
以前イギリスにホームステイしたとき、
「今日の園芸」的番組が人気でした。
庭いじり好きが多いのではないでしょうか。

茶菜子さま。
ステッキ傘を持った英国紳士いいなあ。
イギリスではよく迷うので(日本でも?)
助けてもらった印象も強いです。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006/09/06 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:


英国的なもの:

«


キロクとキオク | トップページ |
りゅくす? »