«


家路 | トップページ |
わが母が教えたまいし魔法 »


海の日

この川の流れは いつか 海につながる
060717

|

«


家路 | トップページ |
わが母が教えたまいし魔法 »

コメント

はあ~ なんだか 哲学 うふふ

投稿: dekako | 2006/07/17 12:31

行く河の流れは絶えずして,しかも,もとの水にあらず.よどみに浮ぶうたかたは,かつ消え,かつ結びて,久しくとどまりたる例なし.

なんて,思い出しちゃいました(^o^)
長明は海までは考えてなかったろうなあ~

投稿: Ginkgo | 2006/07/17 17:41

すべての川は母なる海に通ずる

川が海に出る前の開ける景色
あの一瞬が好きです

投稿: bakeneko | 2006/07/17 18:48

岐阜市内を流れる長良川は
海水浴場…でなく川水浴場です。

あと、海へ向って行っても
河口堰があるため海に出られません。
何かとあった河口堰です。鮎が減ったり…。

投稿: やな | 2006/07/17 19:38

ひとりが、ふたりになって、旅を続けて、そして海にたどり着くのですね。ふむふむ。

投稿: 茶菜子 | 2006/07/17 20:44

春に小さな川の上流から河口まで歩いたので
大きな川の旅もしてみたい。
渓流下りの「きゃ~~~」とかじゃなくて
大河の一滴を探る旅とか…

投稿: ぷら | 2006/07/18 11:21

dekakoさま。
いつか海に流れゆくのです。うふふ。

Ginkgoさま。
長恨歌といい、暗唱といえばGinkgoさん。
方丈記の出だしは私も暗唱できます。ご一緒に。

bakenekoさま。
一度乗ってみたい、水上バスで川下り。
でもちょっと暑そう。

やなさま。
おかげさまで岐阜に関する知識が増えております。鮎。長良川。

茶菜子さま。
ひとりもふたりも、ユニットとしては一つ。
どちらでも旅を楽しめるようにしたいです。

ぷらさま。
オットーの前でそんなこと言うとその気になるので黙っていてください。ああ。

投稿: にゃにゃにゃん | 2006/07/18 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です:


海の日:

«


家路 | トップページ |
わが母が教えたまいし魔法 »